障がい者雇用支援 リタクト

10のサポートで障がい者雇用をまるごとカバーする総合支援サービス

障がい者雇用率2%達成の為には、8万人の新規雇用が必要 障がい者の全体で、求職者は13%~19%に過ぎない 日本国民の6%が何らかの障がいを有している

ニュース

サポートマップ

障がい者雇用支援サービス リタクトのサポート内容

リタクトの使命

障がいの特性を企業の成長につなげる

障がい者雇用とは「企業価値に貢献する障がい者を育てること」であると、私達は考えています。企業価値に貢献し必要とされることは、障がい者自身のやり甲斐の源泉となり、さらなる向上意欲に繋がります。そして、さらなる向上意欲によりさらに高い貢献が実現され、企業価値の向上へと繋がります。私達は、個々の障がい特性を長所として活かせる仕事を準備し、企業全体の推進力に変えることで、企業と障がい者の双方がHappyとなる好循環を生み出します。

障がい者雇用の現状と課題

雇用率引き上げによる5.5万人の新規障がい者雇用と拡がる採用格差

2013年度の障がい者雇用率の引き上げ(当時1.8%→2%)が閣議決定され、障がい者雇用責任はますます強くなってきています。しかし、現在の実雇用率は、1.76%と、現行法定雇用率でさえ未達成の企業が半数以上(57.3%)にも及びます。雇用率2%達成には、民間企業だけで約5.5万人もの新たな障がい者雇用が必要となります。健常者雇用と比べ、労使ともに業務適性が判別しづらい障がい者雇用では、単に受け入れ数を多くすることはミスマッチ拡大に直結します。


会社概要

社名 :株式会社WOW GROUP (ワオグループ)
住所 :541-0053 大阪市中央区本町4-5-18
設立 :1983年3月 (創業1981年4月)
電話 :(代表)06-6262-9561
ミルマガジン | 障害者雇用と障害者の就職を応援するメディア